よぶんな歩きがおおいねと母は言いました

c0092152_404552.jpg

c0092152_412486.jpg

昨日は、母方のお墓参りへ。
お墓のある駅からはバスに乗り換える。

母 「駅の改札口、反対側だよ〜。アンタさっさと出ちゃうから〜。もーう、お母さんひとりだったら、ぜったい出口間違えてなかった。あ〜あ、反対側までまわらなきゃならない。バス乗り場まで遠いよ〜」
ワタシ 「あれ?ここに○○霊園行き、お盆中だけ臨時バスって書いてあるよ。○○霊園でいいんだよね?」
母 「うん」
ワタシ 「あ!ちょうど来た!」
駆け足で小型バスに乗った。車内は運転手さんとワタシたちだけ。

小声でワタシ 「あれ・・・。こんな山道、通ったけ?」
母 「・・・・・・」目が泳いでいる。
心の声(ワタシ)「ああ・・・これはナニカが違う・・・・・・」
母 「○○霊園じゃなかった。××霊園だった・・・」
ふたりで苦笑い。どうしよう・・・。
運転手さん 「帰りは何分に出発だからね」と運転しながら話しかけてきた。
ワタシたち、「いえいえ、帰りは適当に帰りますので〜。お気になさらずに〜」と苦笑い。

霊園に到着したら、母はどうやって切り抜けるのだろうか。もう、おまかせしよう。この雰囲気・・・ワタシの口からはとても間違えてた、とは言えない。

母 「すみません。○○霊園と間違えて乗っちゃいました」
運転手さん 「なんだよー」と大きな声。
母 「お支払いします〜」
運転手さん 「それはいいんだけど。あと10分したら駅まで戻るから乗っていきな」
母 「いえいえ、大丈夫です〜。歩きますので〜」
それでバスから降りて、山道を下り歩く。

ワタシ 「運転手さんの間髪入れずに大きい声で、なんだよーには、ビックリしたあ。まあ、言いたくもなるよね」
母 「そりゃあ言いたくもなるよ」
ワタシ 「お母さんもニコニコしながら、すみません〜なんて言うから、あれ、相手の性格によっては・・・」
母 「笑顔でいいのよ、こういうときは」
ワタシ 「駅まで乗ってけばって言ってたのに」
母 「半分までは来てるのよ。ここで駅まで戻ったところでどうしようもない」

しばらく歩いていたら、さっきのバスが横切り、停車した。
運転手さん 「こっちじゃない。あっちを右に曲がれば××霊園行きのバス停あるから」

ワタシ 「あ〜やっぱり運転手さんの顔が〜。親切なんだけれど、ちょっとだけでも笑ってくれたら」
母 「商売柄笑顔になっちゃうとまずいんだよ。人によってはあとでなにか言われるかもしれないし。あーホント、バカ親子!でもさ〜あっちからこられたはずなんだよね。ぜんぜん道が違うね・・・」
バスを見送りながら、そう言った。○○霊園と××霊園は逆方向、だった・・・・・・
c0092152_415392.jpg

墓前から見えるアッチとコッチの空と雲。
c0092152_42685.jpg

お線香の白い煙を、ワタシの喉と服がすいこんでいく。
後ろで母がピンク色のノートを取り出し、ブツブツつぶやいている。
見たら、手書きでお経の長い長い文字が。
母 「あれ?この漢字、なんて読むんだろう」ブツブツ。
ワタシ 「もっと大きな声で読んだら?聞こえないよ」
母 「ハイ、オワッタ。オワリ。魂はお墓にはないんだってよ」
・・・・・・じゃあ、ナニソレ。そのお経は。
c0092152_422450.jpg

おばあちゃんは紫色が好きでした。
c0092152_423862.jpg

ワタシ 「ブログに霊園の名前は書かないほうがいいでしょ?」
母 「うん、やめて」
ワタシ 「写真撮って。のせるから。○○霊園、の、○○は入れなくていいから」
c0092152_425445.jpg

ラーメンを食べはじめたワタシに、
母 「あれ?写真撮った?」
ワタシ 「うん、さっき撮ったよ。お母さんが携帯いじってるあいだに。友達のHさんもさ、いつも写真撮るまで食べないで待っててくれるんだよね〜。もうブログにのせることがわかってるんだよね。そういうのうれしいよ〜」
母 「そうやってまわりのおかげと協力でアナタは生きていけているのです」

こないだの、80歳のおじいさんの「チョンガール」の話をする。
ワタシ 「おじいさんがさあ、私はどこどこに住んでいます、あなたはどこにお住まいですか?とか聞いてくるのよ。だからさあ、外側はジジイ(笑)だけれど、これは油断ならないなって」
母 「アハハハハ。中身は変わんないからね、年とっても。それに靖国神社にいった帰りでテンションも普段とはちがっていたのかもね。ガールじゃなくて、たぶんそれ、チョンガーだと思うよ。昔大人が言ってたの、聞いた事がある」
ワタシ 「あ〜ナルホド。終戦記念日で行ってきました・・・って聞いても、ワタシ、あ、そうだったんですかあ、ってそっけなく返事しちゃったよ」


母 「ねえ、ちょっと、これ、見て」
ワタシ 「太もも?(傷?)???」
母 「ちがう、そこからじゃない、こっちから見るの」
ワタシ 「ア!!!」
c0092152_43688.jpg

母 「左側の眉と目が一回目。右側の眉と目のセットが二回目。三回目がこの口。この口はさっきできたの」
猫のマロンさんが膝にのっかって、後ろ脚の爪で勢いつけておりるから、ひっかき傷ができたとのこと。
ワタシ 「なによそれ〜。顔じゃん!トホホ顔じゃん!おもしろすぎる。ブログのせていい?」
母 「え〜。恥ずかしいよ」
ワタシ 「ほら、ワタシの携帯。自分で撮ってよ」
母 「肌が白いから、写らないかなあ。う〜ん・・・あ、指をいれたほうがいいな」
・・・・・・
ワタシもたしか、7月か6月くらいのブログで、おなじように写真で指を二マッとしたような。
母はパソコンを持っていないので、ワタシのブログは見ていない。
携帯で見てる?って聞いたけれど、「見てない」って。
見てたら、「見てる」っていう人だし。
この指をいれたところに親子の血をつよく感じました・・・。
とてもつよくね・・・。ア〜ア。
[PR]
by soratohana | 2009-08-17 23:46 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(0)


フリーランスフォトグラファー岩間愛              写真使用機材Canon5D3とiPhone              写真と日記、のような文


by soratohana

プロフィールを見る
画像一覧

検索

このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(143)
(78)
(74)
(66)
(43)
(19)

カテゴリ

ブライダルスナップ掲載写真
勝手に撮り方説明
東京つれづれ☆撮影や日常
ワタシ・ハナの動画
自己紹介
東京つれづれ☆産後
東京つれづれ☆妊娠中
お客様の声
よくある質問
お問い合わせのこと
しまなみ海道旅日記
旅や自転車や散歩や登山や雑誌
東京つれづれ☆観たり聴いたり
feel withPhoto (見てね)

以前の記事

2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧

ファン