<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お返事

前の記事に書いた「通りすがり」さんから、コメントをいただきました。
2つ前の「良心」というタイトルの記事です。コメント欄に返事書きました。
その返事に伴い、

この映像を見てなにを感じますか?
ひとつの映像を観ても、それぞれの感想がある、ということがよくわかります。

上杉隆緊急インタビュー 


ここ最近の、リンク貼ってるのを全部見た方はわかるかもですが、選ぶ傾向がある、ということに自分が改めて気がつきました。
[PR]
by soratohana | 2011-03-31 01:30 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(0)

本日2回目の更新ですが・・・

福島第一原発 現状と今後とるべき対応策 (大前研一ライブ580) 映像です。
わかりやすい説明で良いです。
[PR]
by soratohana | 2011-03-29 09:32 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(0)

良心

ふふふ、とうとう、「通りすがり」という人から「これを読んだほうがいいですよ」ナンテ、リンク付きのコメントがはいってたよ。
「通りすがり」って・・・笑っちゃったんだけれど。通りすがらなくていいよ〜。読まないよ〜う。
こうこうこうで、こういうのがおもしろいよ、こういうことを述べてる人もいますよ(この場合は後者か)とか、なんかもうちょっと言葉があればね、読むけれど。
「通りすがり」さんに限らず、いきなり、「見て」とか書いてあるだけのも、今まで見てこなかった。だってさ、乱暴なんだもの。言い方ってあると思うのだよ。せめて「よかったら」をつけるとか、もしくはこちらが興味示すように書けないものなのかなあ、と、つい!思っちゃうんだよ。
人になにかを見てもらうって、実は難しいことなんだよね。こういうコメントなど、個人に直接なにかを見てもらうって、謙虚さが必要なんだよ。
原発のところにコメントがはいってたから(もちろん表示はさせません)、そのリンクが原発のことだと思うんだけれど、もしちがってたら、それはそれで笑えるかな・・・・・・。

いろんな人のを読んだり見て総合的に判断すれば、福島原発は「ドカーン」と爆発はしなさそうなので、ほっとした。こんなことでほっとするのもおかしい現状だなあ。
おおきい隕石が飛んできて、たまたま原発にあたって爆発する、な、ん、て、ことはないんだろうか、と他にもありえない、とホリエモンさんやカツマーさんなんかが失笑するだろうような(あ、これ皮肉か)ことを想像できちゃうので、ワタシのアタマんなかSF?の世界。
このお二人もご出演された「朝生」は討論じゃなくてただのおしゃべり、机上の空論ってこのことをいうのかしら。カツマーさんの表情、鼻の穴が上を向いていて、見入った。前もこんなだったかしら・・・と顔のつくりのことじゃなくて、かもしだしてるかんじが。

先日「ドイツで廃炉求め25万人デモ」がおこったのを知って、ここまでに日本がなるには、何世代先だろう?と瞬間的に思ってしまった。奇跡的に日本の原発すべてが廃炉になったとしても、ずーっとそこに、「ある」んだなあと、モノはあるんだなあと思ったら、どうしてこんなにつくっちゃったんだろうねえ・・・としみじみ落胆。
ずしんとした呪縛みたいにそこにありつづけるんだね。想像できない年月を。
未来の日本では、不要になった原発をお金で困ってる国に大金つんで持っていってもらってたりして。
ワタシこうなるまで原発のことを知らなかった。知ってみようとも思わなかった。学校で習ってたのかもね。おぼえてないだけで。
この先、万が一自分に子どもができたら、日本には原発っていうのがあるよ、っておしえたい。日本に産まれたなら知っておいてって。良いか悪いかって視点じゃなく、こういう歴史があってつくられて、つくるとお金が潤うこと、六ヶ所村ってあるよ、とか。
電気が選べたらいいのになあ。

こないだ「3人被ばくして2人入院」のニュース聞いたとき、腹が立ってしょうがなかった。日本って、こんななんだ、と。こんなにずさんなんだと。このとき、あ、活躍できるロボットは日本にないんだなあとも。福島原発の報道が最初にあったとき、母と話してたら「ロボットはどうした」って言うからちょっと期待してたの。ロボットはまだかなあ、って。

政府の発表の仕方が曖昧で、不安をあおられた。
レントゲンとの比較の絵を見たとき、妊婦さんは?って思わないのかなあ、妊婦さんはいないんだろうね・・・、「ただちに人体に影響は・・・」も、将来どうなるかわかんないから気をつけて、って、なんで言えないんだろう。
影響ないのだったら、「ただちに」をとればいいのに。ずるいよなあ。
人の命の重さって、この国では場合によって「変わる」んだなあと思った。
日本にたいしてものすごーく嫌悪感を感じた瞬間があって、そのとき自分が人じゃなく「駒」なんだなあ、ってハッ、本気で思っちゃったの。その一瞬だけだったんだけれど。かなしかった。

毎日考えてると、するともう「あるがままを」の心境に。
こないだより、「怖い」「不安」な気持ちがなくなってる。
自分で注意できることはしとこう。
東京の水は大丈夫、って言われても、いやだなあ。
ただでさえがんになる遺伝子がワタシはいってそうなのに、これ以上、いやだなあ。スーパーでお水が売ってないので、お米をペットボトルのお茶でたいてみてるよ。
「生茶」っていうのと、「おーいお茶」で。「生茶」は香料がはいってるからなのか最初クセを感じた。「おーいお茶」のほうがクセが少ないような。
舌が慣れたのかな。まあ、そのお茶につかってる水がどこのなのか知らないが。気分的にいいので。しばらくはいろんなお茶でためしてみる。
福島県にいる人たちは放射性物質のことを気にもできない状況なのに、東京のワタシはこの意味においてもしかしたら「ひどい」んですよね。
わかってる。

そして福島原発は時間がかかりそうなので注視しつつ。
放射能がもれてから、避難している人たちのことを思う余裕もなかったなあ。

自粛傾向にあるみたいだけれど、そのうち桜を見に行ったり、映画を観に行ったり、自然にしたいことをしようと思います。そういう気持ちになってきたので。

リンク貼ります。
今までも、ワタシが好きだったり、読んでよかったと思えるのしか貼ってないよ。

HP 被曝を少なくする方法など、分かりやすく書いてありました。
 
ブログ 知ってる人も多いのかな?13歳のアイドルが書いた文章がよかった。
素直で。

ブログ 最新のもよかった。冷静にみつめて、自身の伝えたい事をくもりなく伝えてる。

これ言ったら仕事がこなくなる、これ断ったら仕事なくなるかもしれないなあってことは誰にでもあるんだろうね。
実際に社会はそういうのが多い。
そこがいちばんおおきいんじゃないのかな。諸悪な元。
隠したり、良心に反するけれど生活できなくなるからその仕事したり。
でも、それで仕事してもむなしいんだよね。

映像 好きな監督さんのブログにはってある映像。

そういえば夢の島に数年前に行ったとき、映像にもでてきた第5福竜丸が展示してあったなあ。閉館時間すぎてたので、外からのぞいただけだけど。ほんの少ししか見えなかったと記憶している。
そのときはゴミの埋め立てに自分も加担しているんだなあ、と罪悪感をもっただけだったんだった。
人間は、地球という自然のなかの「駒」かもね。
そう考えるとなぜか、スッと、する。
[PR]
by soratohana | 2011-03-29 05:36 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(8)

原発。わたしたちにできること

つよい風が吹いている。福島原発の写真を見ると、ボロッとして、失笑できるほどあきらかにボロッとしているじゃないか、もうなんだか息絶え絶え。吐く息は放射能(放射性物質というらしい)、毎日、うすーくうすーく、風によって飛んでくる。雨によって地にしみこむ。
遅かれ早かれ日本中を覆うのだろう。
うすーくうすーくだったはずの吐息は終わらない。まだ、続いている。
がんになるかもしれない、ならないかもしれない。そんなこと、どうでもいい?
ああ、他のところにもボロボロと原発が、あるよ。
ドカンと爆発しない?そのときも「想定外」だからしょうがない?
恐怖から目をそらさないというゲームをしようよ。
それしか、方法がないんだ。


「放射能。被爆国。原爆で苦しんだ日本が、原発で苦しんでいる。えええ!?同じ日本で」と、喋れる人は声にだして言ってみて。自分の声で聞くと体感、ゾッとしませんか?
ちなみに、この「えええ!?」は、ワタシが喋っててほんとにつけてたの。いやあ、びっくり。

わたしたちにできることは危機感をもつこと。もちながら、知ること。
そして、伝えること。
不安をあおることにはなりません。
1人から10人へ、10人から100人、100人から1000人、10000人。
本質が変わらなければ、伝え方は自由にね。
私なんかが誰かに話したところで変わらないし・・・と思わないで。
誰かが、ひろうんだよ。ちゃんと、おもしろいほどに。ちいさな粒をひろう人がいるんだよ。

たとえば、ちいさい子どもが10人位集まってて、「原発反対〜」って遊びながら喋っていたら、エッ?と注目するよね。
そういうことなんだと思う。ちょっとちがうか・・・。
まあ、人数。ひとりひとりの意識。
ちいさい子どものように、素朴に問いかけてもいいかもね。

ずっと前に、「肉」に関して疑問をもったので、「食」に関わっている職業の人に、「肉を食べる量を減らせるように「食」を発信してる側からできないのかな。みんなの意識が変わっていけば、不必要に痛い思いして産まされて、殺生される動物が減るんじゃないか」というようなことを尋ねてみたら、その人は「言ってることはわかるけれど、そんなことしたら肉に関わってる職業の人たちが食べていけなくなるじゃないか」と怒っていた。そんなの無理無理って言ってた。鼻で笑うように小馬鹿に。
そのときはワタシが信頼していた人だったので、その言葉にショックだった。そして落胆した。変わらない、この人はこのまま現状維持で生きて死んでいくだろう。
大半がこうなんだろう。
だから日本は体質は変わらないんだなあとこのとき痛感した。
ワタシは、人間は、しぶといんじゃないかなと思ってる。
日本にあるすべての原発を廃炉にしたからといって、そこで働いてる人々は、簡単には死なないと思う。
「原発がなくなったら電気が足りなくなる」と思い込んでいたように、「この仕事がなくなったら首をくくるしかない」それを打破できるような「心」を。
「心」をもてるように、どうしたら、どのようにしたらできるのだろう。
わたしたちは、問いかけ、向き合わなければ。
それをしないで、ほんとうに、日常の、この毎日を、ほんとうの屈託ない笑顔で過ごすことができるのかなあ。ねえ、できるの?

またリンクを貼ります。

関東エリア未放送 見てください。

映像

会議1

会議2

映像 会議2の話のなかにでてきたもの

原発がどんなものか知ってほしい ここにぜんぶ書いてあった。書いた方は1997年に亡くなっています。この日本という国の体質がよーく分かります。
被ばくの怖さを間近で見続け、自らも被ばくしてきたからでしょうか。
静かに語るんだなあ、静かな怒りで・・・とその思いが伝わりました。
[PR]
by soratohana | 2011-03-26 11:54 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(0)

原発反対

「まだ被ばくしてないし」と書いてから、なーんか違和感があって、なんなんだろう?とここ数日。
ああワタシは無知でバカ。水道水から放射能(放射性物質っていうらしいが・・・)が検出されて、データだして大人には問題ない、って報道だけれど、ワタシはもうこれは感覚ですが、問題ないってことはまったくないと思う。飲みたくない。
ペットボトルの水がほんの少し残っていたので、猫たちの水にした。
これからが不安。水、売ってないので。さがそうと思う。
ひんしゅくをかってしまうのだろうが、猫たちが心配なので。からだ小さいし。もちろん自分の心配もあるけれど。
なんでこうならないと気がつけなかったのだろう。原発に関心をもたなかったのだろう。
福島原発の冷却が数日間である程度できたら、石にするんだろうなあと漠然と思っていた。石っていうか、なんか固めて石みたいに。それで放射能(放射線っていうらしいが・・・)を拡散させないようにするんだろうなあと、思っていた。
ほんと、今まで無関心すぎた。原発って聞いても、それが「放射能」につながらなかった。なんでだろう!
「放射能」が怖い、と思いながらも、日本の原発は、の、日本につながってなかった。遠くのことと。あーあ。
壊れないものなんてないのに。安全って誰が決めた安全だよー。あーあ。

母に「東京から逃げようと思うが、一緒に」と尋ねたら、「逃げない。どこに逃げるの?どこへいっても同じだよ。地震も原発もあるよ。ひとりで行っていいよ。小さい子どもがいればね、逃げるかもしれないけれど・・・。みんなががんばって復興作業してるしね」と。
それでいろいろ話をした。
母「日本は広島長崎原爆を経験して大変な思いをしてるのにね、政府はなんで浜岡原発停止しないんだろうね。ノストラダムスの本、あれ、今あたっちゃってたりして。政府がはやいとこ動いてくれないとほんとに日本・・・なくなる。でもね、救世主がひとり・・・か、ふたり、あらわれるんだよ、こういうとき。そのふたりか、さんにんが相談して鉛かなんかでなんとかしてくれるよ。あ、でも鉛も物質の種類によっては、とおしちゃうんだってね。ほんとにここが危機的状況になったら地下シェルターに逃げよう」
ワタシ「地下鉄の下にあるという・・・?そんな沢山の人数、はいれないんじゃない?そもそもいれてくれるんだろうか」
母「いれてくれる。沢山はいれると思う。でもお母さん、閉所恐怖症だし、トイレにもいけないでだだもれじゃ、死んだほうがいいかも」
ワタシ「いや、そこは生きようよ。じゃあ国民的アイドルのSMAPが逃げたら、逃げようか?ハハ・・・家族会議終了でいいね・・・」
母「うん。そういう人たちは逃げないと思う」と笑顔で。

まあ、他にもいろいろ時間かけて話したけれど(ほんとに死ぬかもしれない、日本がなくなるかもしれない、ねえねえ総理は日本にいるのかな?まさか海外には!?とはワタシ、などなど)
ほんとに死ぬかもしれない、とちらちら脳裏を、この感じは。
死にたくない。
ほんとに死ぬようなことになるかもしれない、と話していたあの感じが。

でも、ひとりで逃げたら、ぜったいに後悔するだろうなあ。それに、逃げるあてもない。臆病な猫4匹かかえて、うんと遠くへ逃げるのは難儀だ。猫に言葉、通じたらなあ。ふと、パスポートをみたら、今月初めにきれていたので、ああ、そうか、と。
c0092152_958160.jpg今回の震災でペットと一緒に避難されてる人たちは、どうやってるのだろうか。受け入れを断られることもあるんじゃないのか。ワタシなんて猫を置いていく、と考えるだけでも泣けてきて、どうしようもない。

11日の地震で、そういえば母がワタシに喋った最初の一言が「日本列島沈没する・・・」だった。
母には危機感があったのだ。
ワタシは「こわかった」「大丈夫だった?」とか、そんなのが最初の一言だったと思う。

こんなに不安でどう生きていけばいい?ふつうに生活してればいい。というふうに、心がさだまってるのだろうか、ワタシ。
今は余震がくると、震源地はどこ!浜岡原発をすぐに思う。

原発反対、って今になって。
「ミリシーベルトでいわれたら、それに1万倍をかけ算する」
「青森県六ヶ所村」←そうだ、六ヶ所村ラプソディーっていう映画もあった、観てなかったんだ。
「駿河湾の直下型地震が必ずおきる」
「福井県の若狭湾に14基」
これらのことを知った映像のリンクをはっておきます。
いろんな専門家がデータをだして大丈夫って言ってたのが、幻。
どの人が言ってる事を信じればいいのか、わからない。
なので、その人の言ってることをワタシは信じる、っていうよりも、参考にする、というふうにした、直感、自分の直感を信じようと。

ワタシの友達、好きな人たち、知り合い、には、見てほしい、と思った。

*ただこれが正しいのかどうかワタシにもわかりません。いろいろ見たり読んだなかのひとつで強烈だったから。たまたま映像。この内容を検証しているふうなのも読んだ。
ワタシもブログに不安だと書いてはいるけれど、まだ不安さが甘いというか。
不安はないほうがいいのだろうけれどさ。不安なのは、状況をよくわかってないからなんだ。
メディアの報道も一律で、ほんとうにそうなの?と思ってしまう。
危機感を自分に課してます。そうじゃないと、流れていきそうで。
情報をいっさいいれないで過ごせたら、とも思ったが、性格が知りたがった。
あとでぜんぶ思い過ごしだったねと笑えたらいいんだけれど。
今も笑って過ごしてる。
自分の遺伝子に、話しかけてるよ。笑いつつ「ちょいとがんばって働いてね〜うすーくうすーく被ばくしてそうだからさ」ナンテ。
なんか、馬鹿みたいに。
青空だと、なにもかも、夢だったかのようで、こわい。
行方不明者数をみるたびに、からだの真ん中に空洞ができて、ぼやっとぼやんとする。からっぽになる。
ワタシは死ぬのをおそれてるんだ。今すぐ、10年後、20年後の。

映像さいごの数分間も印象的。

映像1から3まで、終了すると勝手に次にいきます
[PR]
by soratohana | 2011-03-24 11:14 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(6)

東京都内のポツンとした点のワタシの

節電、っていいながらもPCの電源をつけていることはどうなんだろう?と思い、ここのところ日に5分位にして自粛していたんだけれど、なんか大丈夫そうだね。
電気の使い方を見直して、節約にもなるし、クセをつけときたいな。
これから、電力がどんなふうになっていくかもわからないんだけれど、まあ今は。
散々電気を使ってきたんだよな〜、という、そのままな、もしかしたらあられもないような、ことを思いつつ。
原子炉の冷却に命かけてる人たちがいるので、祈るような気持ちです。
初動が遅かったんじゃない?原発反対とか、そういうのは今はいいや。
まだ被曝してないし。とにかく情報が遅れないでほしい。

ネットをあんまり見ないのも、つまらないものだな〜。
ツイッターに登録してないんだけれど好きな作家さんのツイッターは読んでたので、さっきまとめて読んだところ。
著名人がツイッターで人を集めて支援活動をしていて、ああよかったなあと思った。和がどんどんつながっていくんだね。

ニュースをできるだけ見てます。今どうなってるのかなあ、と知りたいので。でも、ほんとうのところは現地にいないので、わからないんだな、と思う。ニュースとしてはわかるけど、自分の目で見て感じたことではないので、だからいつも「ほんとうのことがわかった」ような気がしないんだな。
あ、ニュースを見て過敏に、不安になる人は、見ないほうがいいよ、と思う。
みんなどこかしら不安があって、感じかたの度合いはそれぞれなんだ、と思う。

ドラマやアニメの放送が増えたので、想像するに、子どもたちにはよかったんじゃないかなあと。
歌も、どうなんだろう、街とか、ながれてる?
歌って伝わりやすいから、励みになるんじゃないかなあ。

c0092152_2215669.jpg東京都内からの救援物資、個人からも受付がはじまったので送りました。
大人用紙おむつ、カイロ、生理用品を送りました。正直、生活に余裕がない(苦笑)ので、これだけ。
個人はできるだけ宅配便で、って書いてあったからそのとおりにしてみたが、持ち込みも可能だ。送料がもったいなかったな、そのぶん物資にできたのに。
HPに、このなかでも、これが特に足りてない、とか随時更新されればいいのになあ。
募金はまだしてなくて、日本赤十字社がたしか9月まで受け付けてるので、自分なりに些少だけれどできればいいかな。

わわ、こんな時間!シマッタ!おやすみなさい・・・。
[PR]
by soratohana | 2011-03-20 00:02 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(3)

地震から数日

えーっと、何から書こう。
地震がおこってから、できるだけずっとニュースを見たり聞いたりしています。
節電とか以外に何ができるだろう、と考えた。
でも、ほとんどのことはできないんだ。
足手まといにならないように、どうやったら、そして何ができるだろうか、と個人のワタシは考えてる。
今は、新聞の写真やニュース映像を見ることだ、と思ったので、そうしてる。
なんというか、今、こうやって身体にしみこませるように現状を知っておかないと、と思う。
沢山の人々が亡くなってる、という映像、生き残った家族のインタビュー、その他、を見て感じたことを、自分のなかにしみこませておかないとな、と思う。
それは今しかできない。
騒ぐのがいやなので、静かに、見ています。

地震がおこってから2日間は、なんとなく気持ちが落ち着かなく不安だったけれど、今は「今とこれから」のことを考えてる。
時間が経てばまたもとの生活になることが、それがいいのはわかってるんだけれど、多少の違和感も感じる。だから、その違和感ってなんだろう?というのをワタシは自分のなかでみつけたいです。
そろそろ人は再生、変換、うまく言葉がみつからないけれど、そういうのをするべきなんじゃないのかなって。ワタシだけがしてなかったのかも。
それはどういうことだろう、自分を変換するって。

PCもどれだけ電気を使うのかわからないんだけれど、ちょっと今電源いれちゃいました。不必要なメールでのやりとりも、ツイッター(やってないけれど)もつぶやけばまたいっぱいかえってくる?ようなのも、今は自粛したいです。被災地に邪魔にならずに電波ってそんなにつながってるの?かなあ・・・。

スーパーも食料などの買い占めがおこってる。水、米、パン、うどん、カップ麺、納豆、豆腐、ぜんぜんない。野菜も半分、お菓子にいたるまで。トイレットペーパーもいくつ買ってくんだろう、そんなに必要か???という人も。なんか・・・なんだかなあ・・・と思う。
ほんとうに必要なところに物資が届いてるんだろうか。
これでほんものの食料危機がおこったら・・・と思うとおそろしい。こんなんじゃ奪い合いは必至だろう。

節電で、外の看板、ネオンも消しちゃえばいいのに、と思っていたら、石原都知事が「ネオンなんて、あんなもん必要ないだろ」的なことをあの口調でおっしゃっていたのでハハ・・・あ、言ってたんだ、と思った。
大手コンビニ、食べものチェーン店は、ちゃんと消してあった。街によっては自主的にみんなが消しているところもあるんだってね。今、この状況で点いてるところは恥ずかしいね。
今まで点いてたものが消えていることで、いちいち「驚く」ってことあるのかな。この震災をおもえば、ちょっとでも助け合いたいと思うはず。揺れを体感したワタシたちなら、なおさらに。
柔軟なアタマで対応したいです。

今までより通勤自転車も増えてる。歩いてる人が多い歩道を走られると、ぶつかりそう。
ぶつかるところだったよ〜。トホホ。
なので、いろんなところ、身を守るために気をつけないとなあ、とか思う。
余震にも慣れてきてることがこわいです。
「慣れる」
感じたことを、違和感を、おぼえておきたい。
[PR]
by soratohana | 2011-03-15 01:32 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(1)

地震

皆さん大丈夫でしょうか。
母も猫もワタシも大丈夫です。
猫の爪が割れてて血がでてた。
ワタシは都内ですが、それでもかなり揺れてこわかった。
夕方の通りは歩行帰宅者であふれていた。交通機関マヒ。
ヘルメットかぶってる人も。コンビニに人がたくさん。
うちは停電にもなってないし、ガスもつくのでありがたい。
今は朝だけれど、おちおち寝てられず、風呂もなんとなくはいらなかった。ラジオ聞いてます。
ちいさな余震が30分に一回くらいおきてる。これがなんかこわいんだなあ。
こういうとき、父が生きてればなあとか思う。家族に男の人がいないもんで。力仕事的な。なんとなく不安。あ、いたわ、男。猫たちが。
猫たちも動揺しちゃって。かわいそうに。

ニュースでやってる死亡、行方不明者のことを思うと胸が痛みます。

カメラマンなのに、なんも撮らずに。ワタシがいちばんによぎったのは家族、猫のことだった・・・
数名の友だちとも今メールで無事確認したし、あとはあとからだ。まだ9時すぎだしね。
とりあえず眠くなってきたので寝よう。
[PR]
by soratohana | 2011-03-12 09:27 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(3)

3月5日

c0092152_3465688.jpg

ブルーローズ
c0092152_3471128.jpg
初めて見ました。
[PR]
by soratohana | 2011-03-11 00:00 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(0)

ブログ〜

ここのところ撮影がつづいてて(ありがたいことです)。
ブログ〜、久々だね。元気?(ナンテ言ってみる)
とはいえ、あ、もう昨日の夜か、には「ことば」のフォーラム聴きに行ったりして。
去年からちょこちょこ見に行ったりしてるのもブログにupしてないから、そんなのもupしていくと思う。気が向いたときに。
気が向いたときに。気が向いたとき。ほんとうにおもしろい、ふしぎなのだが、頭の中でupしてっちゃう。それでは誰にも伝わらないじゃない(あたりまえなんだけれど)、あ〜、そうか、伝わらないよな、言葉にしないと伝わらないよな、ってハッとする。
伝えよう、って、不特定多数の人たちに、やっぱりワタシ思ってるんだな、って。くだらないことでも。それふしぎ。
それで、気が向いたときってどういうときなんだろう、と考えると、そこも曖昧。気が向いたときってどういうときですか?って聞かれたら、明確にこたえられない。
あ、でも、心の動き、とか言いそう。うーん。
「気が向いたときにね」なんて言われたら、受ける側も「ふーん」って思うしかないだろう。
ワタシは日常において、ほとんどのことが言い切れない、と感じている。状況によりけりで変わってくることも。感情でも変わる。ひとつの角度からみたら言い切れるのかも。でもいろんな角度が思いつくから。だから言い切れる人をみると、ほぉ、と感心したり、へええ、と思ったりする。うさんくさいな、と思ったり、ときには感動することも。

「あなたは誰ですか?」って問いに、はっきりとこたえられるだろうか。
私はワタシ。ワタシって、じゃあどんなの?自分のなかに迷路があって、川や湖、森や花、そこを歩くかんじ?だったら湖で泳いだことないし、そもそもワタシ泳げないや、まだ知らないこといっぱいで、じゃあワタシってこんなの、つまんないね?こんなワタシってちょっと嫌じゃない?もっとできるんじゃない?迷路の壁の素材は?

いやあ、歯を磨いてたら、歯ブラシが頬の内側にあたって、それで、そのまま皮膚をもちあげてみたのよ、歯ブラシで。急にね、アッ、この皮膚の下に骨、ガイコツがある、うーん、やっぱりあるか、あるよね、ガイコツ。そう思ったら、皮膚の上のものがワタシ、皮膚の下のものがワタシ、別れない、離れない。いや、別れても困っちゃうんだけれど。
骨のワタシ、目のワタシ、髪のワタシ、心臓のワタシ、ぜんぶがワタシでぜんぶを見たことがない、さわれない。

それで、ワタシの名前が「愛」なんだけれど、なんで「愛」なんだろうなあ。「愛」といったらワタシにとってイコール名前、で、そのものの意味までおよばなかったりするんだけれど。
世の中には「愛」という言葉があふれていて、なんかの本やパンフ、歌、広告、etc・・・使用消費頻度が多そう。使いやすいのかなあって思ってたんだけれど、「愛」って、いい言葉なんだよね。
c0092152_525059.jpg
何年も会ってないYちゃんがくれた写メ。勝手にのせちゃう。雲みたいに、チョキチョキ紙を切ったんだなあ、とおもうと感動する。うしろの花柄がワタシの知ってるYちゃんらしくて笑った。こうやって時々遠くから、感動をくれる。
ことばにして伝えることの意味、「愛情」をかんじ、(本人はそこまで考えてないかもだけれど)、受けたワタシは、なにができるかな。
「友だち」って「ことば」が、ぐっと胸につきささり、あつくなるのを、体感する。
[PR]
by soratohana | 2011-03-09 06:27 | 東京つれづれ☆撮影や日常 | Comments(4)


フリーランスフォトグラファー岩間愛 ワタシ42歳 夫エフ30歳 息子ハナ0歳の3人家族           写真使用機材Canon5D3とiPhone6              写真と日記


by soratohana

プロフィールを見る
画像一覧

検索

このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(84)
(54)
(48)
(43)
(19)
(1)

カテゴリ

ワタシ・ハナの動画
ブライダルスナップ掲載写真
自己紹介
東京つれづれ☆産後
東京つれづれ☆妊娠中
東京つれづれ☆撮影や日常
お客様の声
よくある質問
お問い合わせのこと
しまなみ海道旅日記
旅や自転車や散歩や登山や雑誌
東京つれづれ☆観たり聴いたり
feel withPhoto (見てね)

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

記事ランキング

最新のコメント

hassaku さん、お..
by soratohana at 16:03
お久しです。久しぶりにブ..
by hassaku50 at 23:05

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧

ファン