<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雨、寒い、この日付って

c0092152_2142158.jpg
また涼しくなってきた。セーターを着て、身体をクネクネ動かしてみるも、その姿すら寒い。
それで先程30分くらい暖房をつけてしまった。
暑がりのツレが帰ってくる前に消しておかないと。
扇風機をまわされたりしたら、とっても迷惑。

もしかしたらこういう綴りモノ、ブログって、日付が重要なのかも、と思った。
その時々で考えてることが反映されるし、それに。
それにあとで読み返すことがあったら、面白いかも。ワタシが。
人の気分はその時々で変わるが、その、人の持つ雰囲気のようなモノ、は、一本の線のようではないかとにらんでいる。
雰囲気・・・ワタシをかたちづくっている、内にあるモノ。
過去から未来へ、おそらく変わらないものがあるとしたら。
切れないように。
そんなことをボンヤリ思いながら過ごしている。

さっきテレビをつけたら、赤塚不二夫さんの番組がやっていた。
あっ、と思い、すかさず母に電話。
ワタシ 「帰ってた?赤塚先生、今やってるよ!」
母 「うん、知ってる!でも違うチャンネルで、水谷さんでてるの!キャ、どっちも見なきゃ!」
ワタシと母、大慌て 「じゃーね~!」

ドラマの「相棒」のファンである母。たぶんほとんど見てると思うよ、だって。
ワタシも最近は水谷さんがでてるのはチェックするようにしてる。
でもその前に、必ず母から電話がかかってくる。「今日、この番組にでるからね」って。
・・・・・・全部は見られないよ。

それで、今さっきツレが帰ってきて、案の定半袖になり、扇風機をまわしてる!
寒いのよ~。

ワタシ 「ちょうどご飯炊けたけれど食べる?扇風機寒いよ~」
ツレ 「うん、食べる。身体動かせば。そんな赤いちゃんちゃんこ着て」
どうみても赤いセーターだが面倒なので真横に腕を伸ばして足もつけて変な動きをしてみせた。
ツレ 「ディズニーランドのキャラクターみたい」
ワタシ 「どんな?え、どのキャラクター?」
ツレ 「わかんないけど」
ワタシ 「またわかんないのか。じゃ、そういうことで」、とパソコンの部屋に向かう。
テレビの音が大きい。
それを見ながらグフフフっと低い笑い声が。

ツレ 「風呂はいるね。アメリカンチェリー二つ残しといたからね。風呂上がったらアイス食べよっと」
・・・・・・フッ
[PR]
by soratohana | 2008-05-31 01:50 | 東京つれづれ☆撮影や日常

週に一度の休日ゴハン

c0092152_1964219.jpg

ひとりでラーメン屋に入るって勇気がいる、都内だと。
自転車乗ってて、それがちょうど夕飯時でお腹ペコペコだと、ラーメン屋がやたらと目についちゃって。
それでどうにも我慢できずにエイヤッと入ったラーメン屋さん。
「女性ひとりだから」って理由だけで、サービスの棒つきキャンディをもらったときは、ひとしお恥ずかしく・・・・・・

c0092152_1972551.jpg
←焼きそば。
余っていたお好み焼き用ソースを少し入れる。
スーパーのサラダは、皿にも移さず。






c0092152_1965429.jpg
ワタシ 「夕飯、適当に買ってきていい~?ビデオ観たいしね」
ツレ 「からあげとメンチカツが食べたい」
ワタシ 「うん、わかった~」

かぼちゃを煮ながら洗い物をしていたら、焦げた匂いが。
焦げた匂いしてるな~でもまだいけるかな~って無視していたら、かぼちゃの皮が黒こげていた。まだいけるかな~まだ平気だろう~って、達観気分のときって、ある。
しいたけごはんは高山なおみさんのレシピ。ツレはナンプラーずき。

ワタシ 「結構よさそうなロースカツだよ」
食べながらツレ 「ふ~ん」
ワタシ 「どう?オイシイ?」
ツレ 「・・・うん。メンチカツ・・・・・・知ってる?これ、ロース。メンチが食べたかったんだよね」
ワタシ 「ウン・・・?知らない」
[PR]
by soratohana | 2008-05-30 00:42 | 東京つれづれ☆撮影や日常

c0092152_18501355.jpg

部屋が何故か緑色のモノであふれていく。
緑色が好きっていうわけでもないのだが。
葉っぱだったら黄緑色が好き。今は。
空だったら、水色が好き。あ、グレーがかったのも好き。
その時々の気分で変わる。
部屋だったら・・・何色が好きなんだっけなあ。

ワタシ 「ほら、あのフリーアナウンサーの亜子さん、自殺しちゃったね」
母 「・・・うん?(誰だっけ)」
ワタシ 「ほら、おかーさんの好きなネプ理科(番組)の、爬虫類かなにかをニッコリしながら素手でつかんだ人だよ」
母 「あっ!あの子だったの!あんなに綺麗なのに!なんで死んじゃったんだろうね~もったいない」
ワタシ 「鬱だったのかな~」

このネプ理科っていう深夜にやっていた番組は、母のお気に入りだったようで、面白いから見ろ見ろウルサク言われ、興味もなかったのだが、しぶしぶ数回見た。


自分から死ぬこと。
強くひっぱられてしまったのかな。
死の気分へ。
生がクルッと反転して。
もういちどクルッとしたら生きられたのかな。
わからない。
本人にしかわからないことかもしれないけれど。
くるしかっただろうな。


ワタシは父が53歳で亡くなっているので、それもあってか、自分は四捨五入?で60歳まではなんとか生きたいと思っている。
いや、欲をいえばもっともっと長生きしたい。
今34歳だから、60を目安にすると、折り返し地点を過ぎたことになる。

ワタシ 「折り返し地点にはいってる気分で生きてるよ~」
60歳すぎの母 「ゲッ!もう?早っ!私はどうなるの!」

・・・いや、だから、気分だって・・・・・・
[PR]
by soratohana | 2008-05-29 00:59 | 東京つれづれ☆撮影や日常

トマト届きました

c0092152_2051433.jpg

「トマトを見たらsoratohanaさんの顔を思いだしましたので、送りました。召し上がれ。」

この、「召し上がれ」に、ニンマリしました。有難う~イェイ。
こんなふうに思いだしてもらえて光栄。トマトずき(好き)なもんで。
さっそく食べたら、すごく美味しかった。
シンプルに塩で美味しいトマトは珍しい(ワタシのなかで)。
15個のうち、5個は、母におすそ分けしました。
こちらもニンマリうれしそうに、うれしい溜息ついてたなあ。
[PR]
by soratohana | 2008-05-28 23:59 | 東京つれづれ☆撮影や日常

父の命日がやってきた

c0092152_2116137.jpg

GW中に父さんの命日がある。
今年はどこ行くんだろうなあ・・・

前日にワタシ 「どこ行くか決まった?」
母 「藤を見に行こうかな」
手にはいつもの東京新聞、ザ・切り抜き。
ワタシ 「藤、・・・・・・かあ」

亀戸天神社へ・・・・・・
c0092152_21161222.jpg

・・・・・・なんだろう、この倦怠感。

ワタシ 「きびだんご、売ってる。どんなだっけ?食べてみる?」
母 「うん」
風がビュウビュウ吹くなか、きなこもビュウビュウ、母の黒い服にくっつく。
ヒャヒャヒャ言いながら手ではらってる。うれしいのかな・・・

あ、またいつものサソリの・・・でっかいネックレスしてる・・・・・・
ワタシ 「それ、サソリの、なんだろうね、それ。好きだよね」
母 「うん。いいでしょ」

c0092152_21162165.jpg

やっぱりだ。
混んでいる。
想像していたよりも、藤がショボイような。

ワタシ 「なんか・・・想像していたのと違った」
母 「でもまだ香りは残ってるよ」、と鼻を近づけた。
ワタシ 「来なくてもよかったかも・・・」
母 「え?そんなことないよ、ほらほらあそこの藤もなかなかいいよ」
その藤を見たが、さっきのとどう違うのか分からなかった・・・・・・
いいところを少しでもさがして、楽しみたい性格か。

混雑していた列の途中、お互いに藤のそばにしゃがんで記念写真を撮ったが、上向き目線で気持ち悪い親子だった。

c0092152_21163051.jpg

c0092152_21164271.jpg

亀の口からお清めの水が・・・コワイ・・・・・・
c0092152_21165714.jpg

みんな牛に触っていた。
母も混じってニコニコしながら牛をなでる。
なでた瞬間、牛の目が気持ち良さそうに閉じたような気がして驚いた。

母 「まんべんなくなでておいたから」

c0092152_2117955.jpg
ワタシがひいたおみくじ。
中吉で内容もひらけた感じに良かったから、持って帰る。








c0092152_21172275.jpg
母のおみくじ。戌年だから、犬。

母の興味はつきない。キョロキョロとしながら、周りを見ている。一見控えめに。
父が生きていても、死んでいても、母の興味の先は、変わらないように思う。

父さんの写真でも見る?って言っても、「見たって意味ない。もういないんだし」、と。
いないから見るんじゃないのかなあ、と思うのだが、そうではないらしい。


おいし~い珈琲が飲みたいねと言いながら、良さそうなお店に行くが、満席。
それで、地図にあったここにね、行ってみようか、と歩くが、場所が分からない。
途中、人に尋ねるが、それでも分からない。

ワタシ 「もういいよ~、そこじゃなくても。チェーン店みたいなとこでもいいよ」
母 「ここまで来たからね・・・」と、すかさず向こうから来たおばちゃまに駆け寄って声をかける。

母 「わかったよ~この道まっすぐだって。綺麗なお店だって」

c0092152_21173470.jpg

偶然にも絵と似ているポーズ。歩き疲れちゃって。
c0092152_21174997.jpg
カップの色、母のはグリーンだった。
しきりに、「ピンクいいね」、「お母さんより若いからピンクなんだね、いいね」とうらやましそう。
何度もピンクピンクって言う。



c0092152_21181292.jpg
こまかい虫がいっぱい飛んでいた道で撮ってもらう。
ふたりで首を振りながらよけまくる。
今年は、写真の色がついていた。

父は、9.11のあった年に亡くなった。
この大惨事を知らないで死んじゃったんだなあ、と思ったもんだ。
二十歳を過ぎてからも、よく父とおしゃべりした。
聞き上手、なのだ。
適当に相槌をうってるのかな~って、でもポイントポイントで、「ふ~ん、じゃあこれは?」と、質問を投げかけてきたから、ちゃんと聞いてるのかあって。
あんまり楽しい時期に、「今度さ、一緒にこの映画観に行こうぜ」って誘ったら、
父 「それはちょっと・・・・・・」と断られた。

父が死んですぐに思ったのは、「あ、もう聞いてもらうこと、ないんだ。母はとんちんかん、だし・・・」とものすごく悲しくなった。

このとんちんかんさ・・・外では一見、ふつう、なんだろう。
でも、ワタシには手に負えないときがある。笑えるけれど。

父が死ぬ間際、「お先に逝くよ」という状況で父はお別れを伝えていたのだけれど、そのとき母は、「まだいるよー(病院に)まだいるからねー」とお猿のように真っ赤な顔をして大きな声で言っていた。
苦しそうな父は、いつもの、やれやれ、のように首をふっていた、ようにみえた。
首は動かせないけれど、表情がそんなだった・・・・・・

c0092152_21182273.jpg

お土産、色々と。
亀戸のパン屋に入ったら、店内のパンは全部亀。
ふつうの四角いのはひとつかふたつ。
親子亀もいた。
母と心で目を合わせる。
「どうしよう、亀パンばっかり・・・しかも結構高い・・・」
c0092152_21183647.jpg

帰って、半分ずつお土産にしよう。

亀パンを切るとき、

ワタシ 「なんかパンだけれどイヤな気分だね~」

切る瞬間に母の低い声 「はやく腹切りして」
[PR]
by soratohana | 2008-05-22 01:37 | 東京つれづれ☆撮影や日常

アンチエイジング

c0092152_21171743.jpg
母 「あの、もこみちのCM、レモンかなにかの飲み物の、顔がくずれていくCM」

ワタシ 「うん、知ってるけど?ちょっと前に流れていたやつでしょ」

母 「soratohanaちゃん見ると、アレ、思い出すんだよね」

・・・・・・へっ?
・・・・・・
くずれていってますか・・・・・・
会うたびに「soratohanaちゃんも年とっちゃった・・・」と言われる。
ボソッと言われる。
ずっとケチって、1000円くらいの化粧水を使っていたのだけれど、実の母にボソッと言われるのを気にして化粧水を変えてみた。

あ、あれれ・・・「アンチエイジング」の効果はあるんだろうか・・・・・・

写っているお花は撮影した新婦さんから頂いたもの。
花だって枯れるし。水分がどんどんなくなってさあ。パリパリッと。
・・・パックも、してみるかな・・・・・・

c0092152_2118455.jpg
<ヘタクソお好み>大声で命名
今はお好み焼きの粉がおいしくできてるんだなあ。

「祝、耳鼻科終了!完治」とメールしても返事ナシ。
帰ってきてなんにも聞かれないから、ついにしびれをきらし自分から「鼻、治った」と言ったら、
「それはおめでとう」と乾いた声のツレ。
ちっ、つまんないの。


c0092152_21192029.jpg
c0092152_21193185.jpg








二人で歩いていたら、料理教室の前に「持っていって下さい」と書いた紙と皿が置いてあった。
それを吟味していたら、中からニコニコオバサマが出てきた。
中から人を見て選んで声をかけていると言っていた。
ワタシタチは声をかけてもOKと、ニコニコオバサマの診断が下ったらしい。
40年近く続けてきた料理教室を閉めるという。
たくさん持っていって、と部屋に招き入れ、ラーメンどんぶりや大きな土鍋までもらった。
いらなくなったら割ってね、とも言っていた。
ひいこら持って帰り、そのまま一週間床に放置して、さてそろそろやるか、とハイターにつけて、よく洗ってから、棚へしまう。
先日一個、使ってみた。
c0092152_2281315.jpg

c0092152_22192168.jpg
スパイラルで購入したワイングラス。
持ちやすい。








c0092152_22403681.jpg

「宇宙の先の先ってどうなってるんだろうね~壁とかあったりしてね~」って話せば、
「無限・・・考えないほうがいいよ、おかーさんね、昔宇宙のこと考え出して気が狂いそうになった」と、目をパチパチ、ポワポワした表情の母。
そうか。
ここからじゃわからないね。
空や花のように、そこに在るものとしか。
[PR]
by soratohana | 2008-05-11 23:00 | 東京つれづれ☆撮影や日常

4月に観たもの その④

c0092152_2115512.jpg

「トゥーランドット」、です。
H席だったので、真ん中ら辺の席かね~ナンテ、友達と話していた。
オーケストラピットが入っていたので、席が前から5列目くらいになっていた。
舞台からとても近く感じた。ラッキー。

友達 「ピットがはいってるからね」
ワタシ 「???ピッチ?」
友達 「ピット」
ワタシ 「???ピット?ピッチ?」
友達 「ピット。オケピって映画知らない?三谷さんの映画。オーケストラピットだよ」
ワタシ 「あ~オケピね。その映画観てないけれど、オ・ケ・ピ、ネ」
(友達もその映画観ていない)

ふんふん言いながら、オケピとは何かを聞いてビックリ。
芝居に合わせて生演奏とは!
そりゃ、楽しみ。

c0092152_2116076.jpg

岸谷五朗さんが、席の通路を通って近くに来たとき、ドッキドキ。
ドンピシャに近いほど、声や顔が好み。聞き惚れるよ声に。
ハートの目をして見ておきました。
中村獅童さんって、女にもてそうだなあと思った。
芝居が終わって最後観客に向かってニコニコ手を振ってるとこ見て、「あ、女好きそう」と。
早乙女太一さんは、踊る姿が美しかった。踊る身体の線が綺麗。もっと踊っていてほしかったなあ。
演出は宮本亜門さん。
披露宴の撮影で亜門さんプロデュースのお店に行ったことがあるけれど、そのお店の雰囲気と、このお芝居の雰囲気(色)が重なるところがあったので、面白いなあ。

c0092152_21161035.jpg

観終わって、友達 「ナッチのファンになっちゃった」
ナッチナッチと連呼。
ワタシ 「ナッチって・・・・・・」

安部なつみさんは、意外と言ってはナンだけれど、すごく良かった。
グッと、魂をつかまれた感じ。
亡き本田美奈子さんの歌声をすこうしだけ思い出させた。

ワタシ 「ワタシもナッチ、好きになったよ・・・・・・」
c0092152_2116209.jpg

お芝居の最後のほうで降ってきた金色ふぶきが、ワタシの腕に一枚落ちた。
パンフレットに、衣装で使われていたハギレが付いていたので、それと一緒に金色ふぶきを記念に入れておいた。
ビニールがくっついて入れるときに苦労する。
ほっぽったら、友達が代わりに入れてくれた。
上から降ってきた沢山の金色は心をさらに盛り上げる役目のように。
その沢山のなかの一枚はここ。
[PR]
by soratohana | 2008-05-07 22:16 | 東京つれづれ☆観たり聴いたり

4月に観たもの その③

c0092152_20415890.jpg

c0092152_20425363.jpg

コーエン兄弟監督の「ノーカントリー」
観終わってもやもやした気持ちになる。
恐ろしくて。
レイトショーで観た後ゴハン食べてそれから帰ったが、友達と別れてから帰る道に、なんか変にドキドキした。
ひきずるようなリアルさ。
怖いので早足で帰る。
振り返っては、あのモンスターのような主役がニタリとこっち見ていそう。
ひきつりながら、ほとんど駆け足。
真っ暗な空を時々見上げてまぎらわそう。
ああそれにしても、黒いんだ、夜空。
[PR]
by soratohana | 2008-05-07 22:12 | 東京つれづれ☆観たり聴いたり

ロゼ

c0092152_21205146.jpg


相手をみれば思い出す、
確認。
それしか。

風の吹かない部屋にいても、
突風の最中を歩いているような気分に。

なんにもないこと、は
ないだろう。


ロゼワイン。甘くない、好きな味。
一口飲んで、ツレ 「あ、状態悪いかも。あ、大丈夫だった」 
早口で言った。
年間生産数が割と少ない。ビラディアマンテ。
ディアマンテ、が奥さんの名前だって。
また飲みたい。

c0092152_21374314.jpg
木の側に立ったら、くしゃみがでそうにかゆい。
これからベランダ用物干しを買いに。
そんな午後の、
とある日。
[PR]
by soratohana | 2008-05-05 21:53 | 東京つれづれ☆撮影や日常

4月に観たもの その②

c0092152_18304211.jpg

c0092152_18305880.jpg

小栗康平監督の映画、5作品。
「伽や子のために」
「眠る男」
「泥の河」
「死の棘」
「埋もれ木」
この順番で観た。日にちを変えていそいそと映画館へ通った。
風邪をひいて調子悪いなあ・・・っていう時も、今日観なくてはもう観に行かれるときがないじゃないか!という、強迫的情熱を持って・・・・・・。
こういうときだけやたらとあつくなる、自分が。
人に対してあついのか、その映画に対してあついのか、分からないが。
見たいものをどうしても見ておきたい。

それにしても、情熱。
コメント欄のお返事もままならなくなったワタシは、冷たいのかなあ、とふと今思ったのですが。
もう少し情熱があれば、気の利いたお返事のひとつも書けるのだろう・・・か、と。
笑えるようなやつ。
でも、読んでます。しっかりと。
それに、コメントはいると、うれしい。
顔を思い浮かべて返事を書くのですが、その顔がないから、考え込んでしまう、返事に。
え~と、この方は・・・って。
どんな顔を・・・って、アリャマ!顔、ないじゃん!
言い訳言い訳。顔のってる人もいるしねえ。
お返事はいらないよ~っていう気楽なのが、いいかも。
だって、閉じてるから。

「閉じてるよな~」
閉じたいような。閉じて閉じて閉じて。
実は反対側から見たら、ポッカリ開けてたりして。間抜けに。
伝わりますよう。


映画。
田口ランディさんとの対談があると知って、この監督を知った。
いちばん前の席に座り、じっと、聞いた。
田口さんが「作品をつくることはできても、産みだせないんですよ~」とそんなニュアンスのようなことを大きい声で少し興奮したようなかんじに、言った。
わざわざ新調してきたベレー帽をかぶりながら、涙ぐんだようにワタシには見えた。
闘ってる。
監督は、わかってるさ、と何か優しい気配を漂わせてまるで包み込むように聞いていた。

階段を上がったところで、田口さんと監督たちが楽しそうに喋っていたので、ふらふらと青ざめた女(会場が寒く冷え切った身体のワタシ)が楽しそうな輪を中断させる。

ワタシ小声 「ファンです。握手してもらってもいいでしょうか・・・」
田口さん 「もちろん」

にっこりとしながら握手してくれた。思いがけず小さくてやわらかな手だった。
近くで拝見したら、遠くからは分からなかったアイシャドウの色がよく似合っていた。
その後、「ありがとうございます」とペコペコペコペコお辞儀しながら去りながらも、目は合わせたまま後ろ足で去ったので挙動不審女になってしまった・・・・・・
心では、「あなたの作品を読むといつも救われるような思いになります」とキッパリ伝えていたのだが。
隣にいた監督にも、「映画好きでした」と伝えたかったのだけれど。

「心で思ってる声が、咄嗟なときにも言葉として表れればいいのに」
、コレは結構な声を、ひとり部屋で高らかに言っていた・・・・・・!!

「死の棘」はすごく好きだった。
余計なモノがそぎ落とされて、それでもそぎ落とされての、映像と心理描写。
松阪慶子さん、岸部一徳さんが素晴らしい。
カッコいい。
大きい画面で観られてよかったなあ。
[PR]
by soratohana | 2008-05-05 21:49 | 東京つれづれ☆観たり聴いたり


フリーランスフォトグラファー岩間愛 ワタシ42歳 夫エフ30歳 息子ハナ0歳の3人家族           写真使用機材Canon5D3とiPhone6              写真と日記


by soratohana

プロフィールを見る
画像一覧

検索

このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(84)
(54)
(48)
(43)
(19)
(1)

カテゴリ

ワタシ・ハナの動画
ブライダルスナップ掲載写真
自己紹介
東京つれづれ☆産後
東京つれづれ☆妊娠中
東京つれづれ☆撮影や日常
お客様の声
よくある質問
お問い合わせのこと
しまなみ海道旅日記
旅や自転車や散歩や登山や雑誌
東京つれづれ☆観たり聴いたり
feel withPhoto (見てね)

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧

ファン